×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職マイロード

転職とヘッドハンティング

要チェック>>転職はリクルートエージェント

転職を具体的に考えていない人でも、ヘッドハンティングの話を持ち込まれると気持ちが揺らぐ場合が多いのではないでしょうか。
ヘッドハンティングの場合は、現在より収入が多くなるのが普通です。
何よりも自分の能力を相手方は高く評価しているわけですから、オファーを受ける受けないにかかわらず、話を持ち込まれて気分を害する人は少ないでしょう。
しかし、安直にヘッドハンティングの話を受けると後悔することも多いようです。
ヘッドハンティングの話を受ける結論を出す前に、企業がなぜヘッドハンティングするのかを考えてみるといいでしょう。
例えば新規事業を立ち上げるために有能な人材が必要なのかもしれません。
あるいは、新たなプロジェクトを成功させるために強いリーダーシップを持った人材を欲しがっているのかもしれません。
どちらにしても、企業側とっては人材をヘッドハンティングしてまで取り組もうとしているわけですから、強い決意が感じられます。
ヘッドハンティングを受けたことに有頂天にならず、まず企業が自分のどういった能力を高く評価しているのかを自分なりに分析することです。
過去に大きな実績を残している場合、周りの協力者がいて成し得た結果かもしれません。
同じ様な人材、環境が転職先で整っているかどうかわからないわけですから、どういう環境下においても同じ結果を引き出せる強い自信がなければ、失敗する確率が非常に高くなります。
ヘッドハンティングは本来持っている能力だけではなく、その能力により、具体的な成功結果が得られることを期待して企業は雇用契約を結ぶわけですから、能力がない、期待した結果が得られないと判断されれば解雇もやむを得ないでしょう。
そうなると自分の人生設計自体が大きく崩れることになってしまいます。
ヘッドハンティングは大きなチャンスであるとことに変わりはありませんが、採用側との充分な意思疎通を図って、納得した上で結論をだすことが望ましいでしょう。

キャリア プランニング

近年数多い雑誌やマスコミなどといったメディアで注目されているキャリアプランニングですが、この注目のワードであるキャリアプランニングとはいったいどういうことなのでしょうか?
このキャリアプランニングとは将来の自分がどんな仕事を経験していく事によって自分自身の自己を実現していくかということを順序を立てて考えていく方法のことです。
では、このキャリアプランニングという言葉や行動が何故様々なメディアなどから注目をされるようになったのかというと近年の社会情勢における職業の雇用の状態や形態が古くからの年功序列といった方式から欧米式の実力主義へと段々変化をしてきた事が原因だといわれています。
雇用形態や勤務内容などが変化していく事により、過去と同じような仕事における経験などを会社に任せっきりという事は無くなり、自分で自分自身のキャリアプランをプランニングしていかなければならないといった状況から、自分のスキルは自分で高めなければならなくなってきた為近年ではキャリアプランニングという言葉が様々なメディアなどで話題となっている状況となっています。
このように自分自身のキャリアプランニングをしていくにあたって、キャリアプランニングにおけるキャリアの設計という自己の重要な部分を今後仕事をしていく上で自分の進みたい方向に照準を定め、そのキャリアに合った方向に自分自身をキャリアプランニングしていく為にはどのような手段を使い、どのようなスキルを身に付ければプランニングを達成する事が出来るのかという事を考えていく必要があると言われています。